グリーンカード抽選の当選確率3倍の「元祖!裏技」

1996年からの実績を持つグリーンカードジェーピーがついに明かす…

グリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)では「応募は1人1回まで」という基本規定があり、その年に実施されるグリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)には文字通り1人の応募者としては1回しか応募できません。公式アナウンスでは「1回を超えて応募した者は応募資格を失い、その電子記録は国務省に永久に保管されます。」とあり、複数の応募をすることは応募者にとって不利益なだけなのです。これは応募者に対しての公平性からの規定で、当選確率は平等という事になります。しかし!厳格なグリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)の応募規定にも盲点があり、応募者の条件によっては複数の応募枠で当選確率を2倍、3倍にアップすることができるのです。ここではその方法をご紹介しましょう。

「元祖!裏技」と表記しているのは、下記の方法を考案・実施し過去にグリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)で当選実績があり、日本国内において最初にその一部方法論をグリーンカードジェーピーが公開した事に起因します。お客様から「同じ情報を当選確率が上がる裏技として紹介している業者がいる」というご報告を受け、調査検証の結果「元祖!裏技」として改めてご紹介しています。

グリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)当選確率2倍の裏技!!

ご夫婦の場合、それぞれが申請者となって2通応募できる。

当選確率を上げるために非常に有効な手段で、グリーンカードジェーピーではご夫婦でのお申し込みは2通分を基本としております。結婚している方はご夫婦それぞれが申請者となり、グリーンカードの抽選に2通応募する事により、単純に当選確率は2倍になるのです。(どちらか片方が当選すれば、配偶者と21才未満で未婚の子供が同時にグリーンカードを取得できます。)

グリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)当選確率3倍の裏技!!

21才未満で高校を卒業していれば両親に協力を求め、合計3通までグリーンカードの抽選に応募できる。

グリーンカード抽選の応募規定では、お1人1通の応募と規定されていますが、21才未満で未婚の方の場合は、ご両親もそれぞれグリーンカードの抽選に応募し、どちらかが当選すればその子供も自動的にグリーンカードを取得可能です。

また、21才未満であればご自身が1人分応募すれば、なんと合計で3通の応募が可能です。
しかし応募規定に「高校卒業」資格が義務づけられていますので、21才未満であっても、高校を卒業後というのが前提です。その点は注意してください。
グリーンカードジェーピーご利用の該当者の方にはこの方法をおすすめし、見事にご両親の応募枠で当選されたお客様がおられます。一気に当選確率を3倍にする裏技的応募方法が適用されるのは18、19、20歳の3年間のみ!このチャンスをお見逃しなく!

いずれの方がグリーンカードの抽選に当選されても申請者ご本人のグリーンカード取得意思が必要です。

ページ上部へ

SPCIAL コンテンツ

5分でわかる!グリーンカードの取得方法 当社が選ばれる7つの理由 カスタマーインタビュー。だからグリーンカードが欲しいんです。 当選者サポート 1000番台?3万番台?ケースナンバー徹底分析
Hello! アメリカン・ライフ

グリーンカードジェーピーがお届けするメールマガジン「Hello! アメリカン・ライフ」定期購読は下のフォームからお申し込み下さい。登録はもちろん無料!!

クレジット・銀行振込・郵便振替

CPISSL